亜鉛の不足の障害

亜鉛は私たちが生活する上でとても大切な成分です。
亜鉛が不足すると食事をした際などに食べ物の味が薄く感じたりするようになります、
味覚障害が引き起こることにより味覚が低下してしまいます。
肌荒れ・にきびや脱毛といった皮膚や髪の毛などのトラブルや
性機能の低下いった男性にはとても気になる症状なってしまいやすくなります。
最近ではこのことら亜鉛を摂ることで男性の精力があがるといったイメージが
付いているのはそのためなんです、正確には亜鉛と精力は少し関係が違いますが。
亜鉛はタンパク質の合成・DNAの複製といった身体の重要な仕組みに
関わっていますので、体内で亜鉛が不足することにより、妊娠中の胎児や
成長期にある子供であれば成長障害が生じる場合もあります。
何故、亜鉛が不足すると味覚障害を起こすのでしょうか?
亜鉛は味を感じとる味蕾と呼ばれる器官を形成する味細胞の新陳代謝に関して
とても大きく関わっているからなのです。
http://xn--vckvb3bzb4b1c9188abhat23oqf6b.com/ingredient/zinc/
味細胞というのは新陳代謝の早い細胞で、亜鉛不足によって代謝のサイクルが
鈍りだすことで、味覚の機能も異常を引き起こしやすくなります。