成長ホルモンにマカ

マカが精力剤として注目されている要因は、その成分であるアルギニンの効果にあります。

アルギニンは、一言で言うと成長ホルモンを促します。
30代に入ると体内で生成される成長ホルモンの量が著しく減ります。

この成長ホルモンの減少が、精力減退や老化の原因にひとつになっているのです。

アルギニンを摂取することで、成長ホルモンの分泌を促進することができます。
それによって体内の改善に繋がり、血液の巡りがよくなります。

また精子の主成分はアルギニンと言われていますので、勃起力だけでなく、
根本的な精力の回復、増大に効果があります。

こういった精力の改善は男性だけでなく、女性の不妊治療にも効果があるとされています。

そもそもマカは南米のペルー原産の多年生植物の根っこで、朝鮮人参などの仲間です。
マカの歴史は非常に長く、昔から特権階級の人々の食物として重宝されてきたそうです。

マカはペルーの朝鮮人参との異名を持ち、エネルギー豊富な植物として古くから知られています。

マカにはアルギニン、亜鉛など、人気精力剤、勃起薬に入っている成分が多数入っております。
マカの成分には体内でつくれず、体外から摂取が必要なアミノ酸、必須アミノ酸が含まれており、
身体の健康サポートに適してます。

マカ徹底サプリランキング2013で自分に合ったマカを見つけてみて下さい。